LAXESだけの“3つのお客様情報保護に関する運用”

 

 

こちらのページでは、LAXESの顧客情報保護に関する運用についてご説明をさせていただいております。

 

お客様に安心してご利用いただくための3つの運用は“LAXESだけ”。

 

特に、お勤めのご職業や、生活環境などのご理由で「絶対に周りにはバレたくない。」という方は、ご覧いただけますと幸いです。

 

 

 

セラピスト2名以上のコース提供無し

 

まず前提として、セラピストが2名以上のコースを設定した場合、大きなメリットがございます。

 

それは、「複数のセラピストに施術をしてほしい」というお客様のオーダーに応えられるということ。

 

当然、その分お店の売上も上がるわけですから、普通は設定した方がいいんです。

 

 

でも、ちょっと待って下さい。

 

 

そうすると、「セラピストとお客様」だけでなく、「セラピストとセラピスト」がコンタクトをとることになりますよね。

 

 

しかも、同じ時間、同じ空間で、同じお客様を前にサービス提供を行っているわけです。

 

 

 

「さっきのお客様どうだった?」

 

 

 

こういった会話が生まれるのは、ごく自然な話だと思いませんか。

 

 

ですがこれって、「ものすごく、“嫌”じゃありません?」

 

 

逆ならいいんです。

 

お客様が複数名、セラピストが1名なら。サービス終了後、「さっきのセラピストさぁ、どうだった?」「いやぁ、顔は、、」といった会話、普通にされると思います。むしろ、それが普通です。

 

 

でも、それを、セラピストにされてしまうと、ものすごく不快じゃないでしょうか?

 

 

 

セラピストも人間です。
お客様のもとを去り、駅まで一緒に、、といった道中で、ついさっき一緒にいたお客様について一切ふれずに会話をするほうが、逆に不自然です。

 

 

しかも、同じ時間と場所・同じお客様へサービスを行ったということで、セラピスト同士の関係性構築の絶好の機会となってしまいます。
オーダーの大半はお客様1名ですので、場面としては貴重です。

 

 

お店の売上を考えると、設定しないという選択肢は考えられない「セラピストの複数人コース」。

 

LAXESはこれをあえて設定せず、お客様情報の保護につとめさせていただきます。

 

 

■セラピスト同士の交流禁止

LAXESでは、セラピスト同士が交流をもつ場面は一切ございません。

 

セラピスト2名以上のコースを設けず、また、事項でふれる“SNSの禁止”をさせていただいていますので、必然的に交流できないようにしております。
情報がセラピスト同士で直接やりとりされるご心配はなく、「お客様の情報が、外部に漏れるリスク」を排除させていただいております。

 

 

■セラピストのSNSの利用禁止

SNSの発信。これも集客ツールとしては間違いなく秀逸、むしろこのご時勢に利用をしないというのは、LAXESの売上を考えるとマイナスでしかありません。

 

 

しかしながら、昨今のSNSが発端となったさまざまなトラブルをみると、「リスクとなる可能性」がゼロでないことは明らかです。

 

 

例えば、某お笑いグランプリ番組終了後、審査員に対する苦言を呈した動画をアップされた芸人様がいらっしゃいました。

 

宴席の出来事ですので、普通であればかかるはずのブレーキがきかずに動画をアップし、SNSが大炎上。

 

原因は何でしょうか。ご本人の意識なのか。酒なのか。

 

 

LAXESとしては、根本に当たる「SNSの利用」。これがなければ発生は防げていたと捉えています。

 

また、「芸人同士の交流」。これも無ければ、単純にひとりで愚痴をこぼしてしまった、それで終わっていたのではないでしょうか。

 

 

LAXESのセラピストは、在籍中はもちろん、離職後も対象とした守秘義務契約を締結しております。
その上で、“2名以上のコース設定無し”、“セラピスト同士の交流禁止”、“SNS利用の禁止”といった取り組みを行っております。

 

 

公務員等、行政関連のご職業にお勤めの方、芸能関連、あるいは専門職、サービス業、OL、経営者、個人事業、主婦、学生、、

 

どのような環境でお過ごしの方も「女性専用の風俗(性感マッサージ)」を利用しているというとは、ご自身が許す方を除いて、その他には絶対にバレたくないという方が大半かと存じます。

 

お客様が安心してご利用いただけるベースとなる「情報保護」を、たとえ売上増の機会を損失したとしても、LAXESは粛然と行わさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

サイトTOPページへ戻る>>


-->